悪いことしかない|酒が嫌いなことによって起こりえるデメリット

お酒が嫌いなことによって起こりえるデメリット

断酒をしてみて私には色々なメリットがありましたが、少しはデメリットもありました。お酒が飲めないと「付き合いが悪い」「ノリが悪い」「場がしらける」などハッキリ口にする人もいましたし、人脈作りという点では不利です。けれどそんなデメリットも、メリットと比べるとはるかに小さなもの。

このページではお酒が嫌いなことによって起きるデメリットについてまとめています。

① 人脈が作りにくくなる

居酒屋やスナックにはつきもののお酒。

お酒を飲んで意気投合し新しい友達ができたり、それまであまり親しくなかった方と親しくなることはありました。お酒を飲むとついつい本音が出て「いやー!紗千ちゃん!君もそう思ってたの?実は俺もそう思ってたのよ!気が合うよね」と一気に距離が縮まる事も結構あったのです。

お酒を飲む機会がゼロになる事でお酒を通じた人脈は広がりにくくなりましたが、新しく始めた趣味(ヨガやフラワーアレンジメント)で別の人脈が広がっているので、そこは特に影響はありません。

お酒を通じて人脈作りがしたい方は断酒するとデメリットがあるかもしれませんが、人脈は色んな場所で作れます。それほど気にしなくて良いのではないでしょうか?お酒なんかに頼る必要なんて無いですよ。

② 周囲から「あいつは付き合いが悪い」というレッテルを張られる

会社帰りに居酒屋で一杯飲むのがサラリーマンの数少ない楽しみですよね。私も会社の同僚から「帰りに飲みに行こうよ」としょっちゅう誘われてました。お酒が好きだったので二つ返事でついていき、同僚や上司の愚痴を聞かされたり人生相談にも乗ったりすることも多かったです。

私がお酒嫌いになってからは、飲み会でもソフトドリンクです。でも「ウーロン茶でお願いします」と言うと、場の空気が一気にしらけるんですよね。みんな酔って盛り上がっているのに、一人だけノンアル飲料を飲んでシラフでいると、大概ノリが悪いと思われます。

「酒を飲まない=悪」みたいな風潮ってなんなんでしょうか?私からしたらお酒=悪なんですが。

そのうちだんだん声が掛からなくなり、居酒屋で同僚とお酒を飲む機会も減りました。それが「あいつ、付き合いが悪い」と思われる原因になっているのですが、これは仕方がないと割り切るしかありません。

お酒を飲む以外にも、同僚と昼休みに一緒にランチを食べる、休憩時間にお喋りをするなど色んなコミュニケーション方がありますし。お酒のお付き合いだけにこだわる必要なんかないですよね。

逆に酔いつぶれた同僚から胸や腕を触られたり、セクハラまがいの事を言われるリスクは少なくなりますよ。酔うと態度が悪くなる人、見境のなくなる人(理性が外れる人)、事故を起こす最低な奴もいますからね。お酒の席に同席しなければセクハラに遭うリスクはなくなります。

③ 飲み会に行った時に割り勘で損をする

飲み会では割り勘でお勘定をする事が多いです。そんな時、お酒を飲んでいないと「損した」という気分になります。お酒を飲むと結構お金が掛かりますから、割り勘にされるとおつまみとウーロン茶だけの私には「え?こんなに払わないといけないの?」とびっくりすることも多いですし。

逆に言うと、お酒を飲むとかなりお金が掛かるということですよね。大人しく食事だけ食べてる分にはそんなにお金は掛かりません。酒飲みは結構な酒代を払っているわけです。まあ断酒した私には関係ないですけどね。

【まとめ】 デメリットの方が少ない=酒なんかやめた方がいい!!

お酒を飲まない事によるデメリットをまとめてみましたが、主なデメリットは「人付き合いが悪いと言われる」「人脈が広がりにくくなる」「割り勘の時に損をする」くらいであまり大きな問題とは言えません。「あまり大きなデメリットではない」と思うこともできます。

営業職など、人との人脈がそのままビジネスになっている人にはちょっと問題かもしれませんが、普通のOLや主婦にとって「お酒が飲める」事は大きなメリットにはなりません。むしろ病気やお肌の不調の原因になるので、お酒なんか飲まない方がいいんです。

【結論】

  • お酒なんかやめた方がいい
  • どうしても飲まなければならない場合はお付き合い程度にすべき