こうすれば上がる|酒の買取額を上げるポイント

いらなくなったお酒を売るなら、誰だってできるだけ高い金額で買い取って欲しいと思うものですよね。

そのためにはただ査定に出すのではなく、買取額を上げるためのちょっとしたポイントがあるんです。

このページでは買取額を上げるためのコツをご紹介していきます。

酒の買取額をあげるポイント① 付属品があれば、全て揃えて買取に出す

まず最初は「付属品があれば全て揃えておく」こと。

実は私が以前叔父さんからもらったお酒の中には、木箱の中に入ったまま、それに小冊子や替え栓などの入った商品もありました。木箱入りのお酒はあまり珍しくないかもしれませんが、小冊子や替え栓は結構珍しかったのではないかと思います。

査定してもらったらお酒の瓶がバカラ製で、査定額もかなり高額だったのでびっくりしました。もちろんバカラ製のグラスはプラス査定です。担当者が「瓶の希少性ももちろん、グラスや替え栓があると価値が上がりますよ(買取査定額が上がりますよ)」と言っていたので間違いありません。

もしお酒が木箱に入っていたり付属品があればそのまま査定に出してください。勝手な判断で処分しない方がいいですよ。

② 複数の買取業者に査定を依頼する

お酒の買い取り業者はかなり多いので、一つの業者だけではなく複数の業者に査定をお願いするのがベスト。複数の業者に査定をお願いするとわかるのですが、同じお酒でも査定額に差がつくので、一番高い金額を提示してくれたお店に買い取ってもらうようにしましょう。

買い取り店によって「日本酒と焼酎の買い取りには強い」「ワインの買い取りなら他店に負けない」「洋酒のニーズが高いのでウイスキーやブランデーなどは高額で買い取ります」など、それぞれ特徴があります。ワインの在庫が多い人なら、ワインの買い取りに強いお店を選ぶ方が有利ですよね。

そのお店がどのジャンルに強いのかあらかじめリサーチしておくのが理想的ですが、それが出来ない場合は複数業者に同時に査定をお願いし、一番高い査定額を出してくれたお店に買取を依頼するのが効率的です。

③ ボトルをきれいにして買取に出す

バッグや洋服を中古販売業者に売る時も全く同じです。汚れてボロボロになったバッグと、古くなってはいても綺麗に手入れされた商品とでは、買い取り額に差が付きます。綺麗な商品だと「持ち主が愛情もって使っていたんだな」と好意的に見てもらえますよね。

お酒でも同じこと。瓶の表面がカビだらけ、汚れだらけのお酒を持ち込まれると「保管状況がかなり悪かったに違いない」と思われて査定額が下がってしまうかもしれません。少しでも高く買い取ってもらいたいならボトルを乾いた布などで拭いておきましょう。

私の場合、部屋にかなりの量のお酒を保管していましたが、ボトルの写真を撮影する時や買い取ってもらう前に瓶を綺麗に拭き上げました。瓶を掃除すると布は真っ黒になりましたが、それだけ瓶が汚れていた証拠ですね。

買い取ってもらうお酒を確認するためにも、綺麗なボトルであっても一度表面を拭いてみるといいかもしれません。意外と汚れているのがわかりますよ。