ワインボトルなら空でも買い取ってもらうことができる

高価なワインならボトルだけでも買い取ってもらえる

1本千円程度の安いワインのボトルをわざわざ買う人はいませんが、世界的にも有名なロマネ・コンティやリシュブール アンリ・ジャイエ、それにシャンパンの王道でもあるドンペリニヨンなどの高級洋酒は別。ロマネ・コンティなどの有名銘柄のお酒はかなり高額なので手に入れにくいですし、飲んだ後のボトルも部屋のインテリアとして並べて楽しむ事ができます。

お部屋だけではなく、飲食店やキャバクラなどでもインテリアとして使えそうですね。

高級ワインだけではありません。レミーマルタン ルイ13世やヘネシー リシャール、サントリー山崎や響などのウイスキーやブランデーもコレクターがいるので高く買い取ってくれるケースも結構あるそうです。

飲み終わった後の空ボトルなんて価値ゼロのような気がしますが、実は大間違い。銘柄によっては大喜びで買い取ってくれるので、一度問い合わせしてみるのがおすすめです。

この場合もお酒と同じで、ボトルラベルが剥がれている、瓶が割れているなどすると買取不可や減額の対象になります。買い取ってもらう前提ならラベルを剥がしたり瓶を割るような行為は厳禁です。また付属品(木箱や替え栓など)が付いている場合はそれらもまとめて査定してもらうと査定額がアップする可能性大です。

ボトルを洗わずに出すと買取額がアップする可能性あり

お酒を買い取ってもらう場合はボトルを綺麗に拭き上げるのが基本ですが、空ボトルの場合はボトル内部を綺麗に洗う必要はありません。実は「ボトル内部に残ったワインやブランデーの香りを楽しみたい」と考えている方がいるからです。

お酒の残り香を味わうなんて奥が深いですよね。空ボトルはできるだけ内部を洗わずにそのまま買い取ってもらうようにしましょう。